So-net無料ブログ作成
検索選択

富士山のキノコ 放射性セシウム [環境]

 10月26日に小山町須走で採取された野生キノコの放射性セシウムの検査結果は以下の通りでした。
ユキワリ:132Bq/kg(セシウム134),219Bq/kg(セシウム137) 合計350Bq/kg    ②ヌメリイグチ:28.6Bq/kg(セシウム134),58.7Bq/kg(セシウム137) 合計87Bq/kg  ③コムラサキシメジ:22.4Bq/kg(セシウム134),37.4Bq/kg(セシウム137) 合計60Bq/kg
写真00136(1).jpg静岡県は「野生きのこ」を採取される方は、小山町内の「野生きのこ」について、当分の間、採取及び摂取を差し控えるようお願いいたします。という注意喚起を行っています。
 今日採取したサンプルは「御殿場市内」の「野生きのこ」の状況を調べるサンプルに使われます。結果は明日以降に明らかになりそうですが、良い結果が出ることを期待します。
なお写真は富士山のニガクリタケの幼菌とチャナメツムタケです。上記の①~③のきのことは直接関係はありません。写真00132(1).jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

NO NAME

写真と①から③のキノコとは違うのでコメントを入れた方がよいと思う。
by NO NAME (2012-11-07 13:54) 

山のジコボウ

ご指摘ありがとうございます。解説を加えさせていただきます。ニガクリタケの幼菌と、チャナメツムタケです。
by 山のジコボウ (2012-11-07 18:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。